にこにこ小児歯科|福岡・春日・太宰府・大野城・筑紫野の小児歯科・矯正治療

メニュー

にこにこブログ

2015.08.02

最後の一本

DSC_0333

 

昨日はテニスの試合でした。

やっと一回戦を突破しました。

 

スコアは6-5。

1地時間以上かかった泥試合。

野球でいったら10対9ってな感じで

展開としては、劇的なヒットやホームランで終わるんではなく

相手のサヨナラエラーで終わるような感じでした。

 

テニスという競技は基本「二点差がついて終了」

となってます。つまり二点連取しない限り無限に続く競技です。

でも、一般の試合でこんなことしてたら

運営時間がいくらあっても足らないので

最後の最後で「ハイこれ一本でおしまい。取ったほうが勝ち」

とうローカルルールが適用されます。

昨日がそうでした。

 

いままで、炎天下の異常な暑さの中一時間以上打ち合ったのに

たった一本を取るか落とすかで勝負が決まってしまう。

おそらく50回戦ったら、対戦成績が25勝25敗くらいになる。

それくらい実力が伯仲しているのに

その日の決着は最後の一本で決まる。

テニスって本当に残酷だなと思います。

 

最後の一本はこちらからのサーブ。

スゴイ、プレッシャーを感じました。

 

昨日はたまたま私が勝ちました。

でも、逆も十分あり得た。

負けた方からするとたまったもんじゃありませんが

勝てば「ああこれで全国大会の選考会の出場権をゲットできた」と大喜びです。

 

たった一本の差なのに、、、、。

 

でも、その小さな小さな差を埋めるために

膨大な時間を費やしているんです。

結局は準備がその差につながるんです。

 

 

自我自賛になりますが昨日に関しては

準備が私の方ができていたから勝った。

そう思っています。

 

小さな差を埋めるための努力。

結局はこれが必要なんですよね。

 

仕事も人生もテニスもすべて同じ。

テニスって本当に深いと思います。

カテゴリー|