にこにこ小児歯科|福岡・春日・太宰府・大野城・筑紫野の小児歯科・矯正治療

メニュー

おとな治療・予防

保護者の方の治療中にお子さんのお預かりをしていますので、安心して治療にのぞめます。

開院当初は「小児専門」の「にこにこ小児歯科」でした。
長年、やっているうちにお母さんから「私の治療もお願いしたい」「小さな子供がいるので通院が難しい…」といった声が
大きくなってきました。
このような要望にお応えするために、現在は、お父さん・お母さんの治療も行っています。
治療中に、お子さんの託児が必要な場合はお預かりをおこなっていますので安心して治療にのぞめます。
今では、ファミリーで通院されている患者さんも増えました。
ご家族全員のお口の健康に役立つことができていることに大変やりがいを感じています。

大人の受付時間

平日
9:30〜12:00 / 14:30〜15:00
土日祝
終日

託児について

子供の扱いに慣れたスタッフが責任をもってお預かりします

時間
平日(月〜金) 9:30〜13:00
対象年齢
0〜5才(就学前まで)

※お子さんに必要と思われるものはご持参ください。時間帯によってはお食事・授乳などはお済ませのうえ、ご来院ください。
※当日、お子さんの体調が悪い場合、感染する可能性のある病気の場合はお預りできない場合もあります。

妊娠中の方へ

妊娠中は女性ホルモンや唾液の変化、つわりなどによる食生活習慣への影響により、お口のトラブルが起こりやすくなります。
にこにこ小児歯科は、お母さんと生まれてくる赤ちゃんの為に妊婦(マタニティ)検診をオススメしています。

オススメの周期

妊娠中期(5〜7ヶ月)です。一般的な治療であれば問題なく行えます。

レントゲンについて

デジタルレントゲンを使用しておりますので、1/10の線量で撮影が可能です。
また、防護エプロンを着用していただくことで、腹部を遮蔽して撮影します。胎児への影響はほとんどありませんので、問題なく行って良いと思われます。
※不安に思われる方は遠慮なくお申し付け下さい

麻酔について

歯科は局部麻酔です。通常量の使用で母子ともに問題ありません。
お母さんにリラックスして治療を受けていただくため、なるべく痛みを感じないように配慮して行っております。

お薬の投与について

基本的に妊娠中はお薬の投与をいたしません。しかし、お薬が必要な場合は、母体に影響の出にくいお薬を必要最低限投与いたします。

母子の感染症について

虫歯の原因はミュータンス菌という強力な虫歯菌。これは生まれたばかりの赤ちゃんには存在しない菌です。しかし、周りの大人、特にお母さんの唾液を介して赤ちゃんにうつることがほとんどなのです。お母さんのお口の中の虫歯菌が多ければ多いほど、お子さんが虫歯になるリスクは高くなります。
お子さんの虫歯予防はお母さんから!ぜひ妊娠中にお口をケアして虫歯菌を減らしましょう。

にこにこママとにこにこベビーのために。

妊娠中はもちろん、出産後はお母さんにとっても忙しくなります。その為、ご自身のお口のケアに十分な注意を払えなくなります。
できるだけ、妊娠前・妊娠中から定期健診を受け、お口の管理をすることをオススメします。