にこにこ小児歯科|福岡・春日・太宰府・大野城・筑紫野の小児歯科・矯正治療

メニュー

こども治療・予防

虫歯予防

歯医者さんでできる虫歯予防

フッ素塗布

歯の構造を安定させ歯の質を強くし、虫歯になりにくくなる効果があります。
歯科医院でおこなう高濃度のフッ素は、効果が3~4か月とされている乳歯・永久歯に関わらず生えたすぐの歯に塗るのが最も効果的です。
お口に残ったフッ素をなめたり飲み込んだりしても体に問題はないですので、うがいのできない年齢の小さなお子さんでも塗布できます。
しかし、フッ素を塗ったから大丈夫と安心せずにハミガキの習慣や正しい食生活をすることが大切です。

自費治療となりますが、3~4か月に
1度の塗布が理想的です

(歯科医院により使用されるフッ素が違う場合がありますので塗布の頻度が違う場合もあります)

シーラント

奥歯には溝があり、形がボコボコしていて食べかすが残りやすく磨きにくい所でもあります。
溝に食べかすや汚れが残ったままだと、そこから虫歯になります。この溝からの虫歯を予防するために、虫歯になる前に溝を浅くして歯ブラシの毛先が届きやすいようにします。

この処置を『シーラント』といいます。
にこにこ小児歯科では、レーザーを当て歯質強化・歯面殺菌を行った後にシーラントをします。
シーラントは、あくまでも予防ですので、嫌がるお子さんへ無理にする必要はありません。

シーラント前

シーラント後

おうちでできる虫歯予防

フッ素配合剤

おうちで使用するタイプのフッ素もあります。
毎日使用できるように少量のフッ素しか含まれていませんので、安心して使用していただけます。
「フッ素」といっても色々なタイプのものがあります。
どのタイプを使っていいのかわからなければ、その子にあったフッ素剤をおすすめしますのでご相談ください。

キシリトール

キシリトールとは、天然の甘味料です。
虫歯菌(ミュータンス菌)の活動を抑えたり、唾液の分泌を促したりする作用が期待できます。

ハミガキ

小学3~4年生までは、寝る前の仕上げ磨きをしてもらうのが理想です。

磨き残しを少なくするには…

しっかり時間をかけて
磨きましょう
磨く順番をきめましょう
毛先が広がった歯ブラシは
交換しましょう

小さいお子さんが嫌がる時は…

まずは、遊び感覚で磨くという
習慣を覚えさせましょう。
(歌、好きな絵本、お人形などを使うのもいいでしょう)
上唇小帯(上の唇をめくるとあるスジ)にブラシが当らないようにしましょう
うがいできないお子さんは、水で濡らしたガーゼやコットンで歯や歯茎などをそっと拭いてあげましょう