にこにこ小児歯科|福岡・春日・太宰府・大野城・筑紫野の小児歯科・矯正治療

メニュー

こども受け口

受け口とは

受け口について

受け口とは下の写真のように上顎の歯と下顎の歯が逆にかんでしまっている状態です。

受け口は歯並びの問題だけではなく
「への字口」「しゃくれた顔」「三日月顔」といった
顔の形の問題につながるので非常に気になることですよね。

私自身が受け口なんです

私は「受け口」については神経質です。
自分が写真のように顎が出ている顔つきをしているからです。
今ではもう受け入れていますが、
歯学生の頃は外科手術も考えるくらいに
悩んでいました。

私の長男も受け口でした

受け口は遺伝することが多いのです。
長男が生れて、歯が生え始める時に「遺伝してくれるな!!」とばかりに
いつも注意深く見ていたものでした。
悲しいことに長男には遺伝していて、見事な受け口になってしまいました。
3才くらいになると、 鼻の下が少しくぼんでいて、顎がしゃくれていて、
横から見ると三日月顔の 典型的な反対咬合の人の顔つきになってしまいました。

長男の治療をしました

「このままいけば私のような顔になってしまう」と考えた私は、
4才の終わりに長男の矯正を始めました。
最初の半年間は寝ている間だけの治療を行いました。
マウスピースを口に入れてそれと同時に
チンキャップという顎を引っ張る帽子も使いました。
これらの治療でだいたい治ってしまいましたが
更に治療効果をたかめるために24時間付けっぱなしのワイヤーの治療もおこないました。
ワイヤー治療も約半年位で終わりました。
合計約一年間の治療でしたが受け口は見事に治ってしまいました。

永久歯は・・・

これらの治療はあくまで乳歯に対する治療だったので、
「永久歯がはえてくる時に再び受け口になるのではないか」と ずい分と心配しましたが 嬉しいことに永久歯はきれいにはえてきて 受け口にはなりませんでした。
一番心配していた三日月のようなしゃくれ顔も治ってしまいました。

10才

17才

上段の写真は10歳の時です。
下段の写真は17歳の時です。
歯並びにおいても、顔つきにおいても 十分に安心できる状態で成長してくれています。

長男の反応

結局一年間くらいの治療でしたが、
長男の反応は私の予想に反するものでした。
「おそらくものすごく嫌がるだろうな」と思っていたのですが
ほぼ全ての装置を嫌がる事はなかったです。
マウスピースは最初の慣れないうちは
朝起きたら枕元に転がっているという感じでしたが
段々と朝まで付けれるようになりました。
夏場の帽子は汗で蒸れてゴムと皮膚が当たるところを痒がっていましたが
それでも結局は朝まで普通に寝ていました。

気持ちの上でも「イヤイヤやる」という感じではなく

「ボク、前歯がひっくりかえっとうけんこれするとよね。
          パパみたいに顎が出たらいかんもんね」

という言葉が出るくらい、5才なりに前向きなモチベーションを持っていました。

ワイヤーについても嫌がるだろうなと思っていました。
それまでは寝るときだけつけていればよかったのに、
今度は一日中ついていて、なおかつ他人の目に分かる訳ですから。
親の立場からすると我が子がものすごく不憫に思えて
すごく悲しい気持ちになりましたが、
当の本人は意外にも、

「これダイヤモンドみたいやね、カッコイイ。友達に見せろう」

と明るい感情を持ってくれました。

この様に書くと私の長男はすごく聞き訳が良くて、素直な子のように思えますが
実はすごく神経質で癇癪持ちな性格をしているのです。
ですので私は

「この子でこれだけ出来るなら、これはどの患者さんでも絶対できるな」

と思ったものでした。

私の考え方

このような私自身の顔つき、そして長男の治療の経験をから、 私は子どもの受け口は早期に治してあげて、
なるべく顎がしゃくれた三日月顔にならないような成長方向に乗せてあげたいと考えています。
一人の親としても、また歯科医師としてもそう思っています。

お父さん、お母さんの悩み

いったいどうすればいいの?現実には近くの歯科医師さんで相談したら、
「今はまだ、様子を見ていて良い」
「永久歯になってからやったほうが良い」
「将来手術を考えた方が良い」

と言われてこともある方も多くいらっしゃるようです。

その反面、私のように「早期に治療に入ったほうが良い」という歯科医師もいます。
また、
「顎を手で押してたら良い」
「アイスクリームのへらでおしたら治った」
「乳歯のうちから治療をしていた方が良い」
「顎を押さえる帽子をかぶって寝たほうがいい、よくない」
「結局手術になるので、成長が終わるまで様子をみたほうがいい」

など、子育てママのネットワークでの様々な噂や経験談も色々とあるようです。
加えて、インターネット上での豊富な情報もあいまって

「いったいどうすればいいの?」

と真剣に悩まれているお父さん、お母さんが多くいらっしゃいます。

なぜ歯科医師によって考え方が違うのか?

受け口の治療のスタート時期の解釈は歯科医師の中でも大きく異なっていて
それについてディスカッションする歯科医師の意見を集めたものが
厚い本になっている位なんです。
これには大きく理由が二つあります。

一つ目の理由

一つ目の理由は簡単です。

「自然に治ってしまうことがあるから」

です。
乳歯の受け口は永久歯にはえかわる時に勝手に治ってしまうことがあるのです。
実際、下の写真の受け口の患者さんは永久歯との生え変わりの時に自然と治ってしまいました。
この可能性に重きを置いた場合はやはり

「様子を見てみましょう」

という言葉が歯科医師から出てきます。
実際私もそうすることもあります。

二つ目の理由

これは少し難しいですが・・・

「早くに治してしまっても、後で再び受け口になることがあるから」

です。
いくら早期に矯正をしても、身長が伸びるのと同じタイミングで 下顎の骨が大きくなり、
きれいに咬んでいた前歯が再び逆さまになることがあるのです。

上の写真は4歳から始めて、5歳で一度よくなりましたが、6歳で後戻りしました。
下の写真は11歳で始めて15歳で一度よくなりましたが、一か月後には後戻りしました。

では実際どうすればいいのか?

この二つの理由から、受け口の治療は色々な先生が色々な考え方に基いて行っています。
ですので私は少なくとも二つ、出来れば三つの歯科医師さんに行って

「この先生の言ってること、考え方が一番自分に合っている」

と思えるところで、 治療を受けるべきだと思います。

特に骨格の問題にまで及ぶような症状の場合、
成長期が終わる18歳くらいまでの長いお付き合いになることもあります。
「この先生とじっくり治していきたい」と思えるような先生と出会えるといいですね。

にこにこ小児歯科の対応

実際の対応

私は受け口の治療のことを「可能性の治療」と説明しています。

乳歯の受け口の場合

「ほっておいても、生え変わりの時に治ってしまうかも知れないけど、
今から始めれば将来永久歯が生えたとき、正しく生える可能性が高くなる」

永久歯の受け口の場合

「今治しても、残念ながら将来顎が出てきて手術による治療が必要かも知れないが、
手術の可能性を低くする為に今出来るだけのことをやっておく」

このような考え方です。

当たり前の話ですが、
一人の患者さんで早期に治療をした場合と治療せずに経過を見た場合の違いを比較することは出来ません。
私の長男のように、早期に治療をして治った場合では
「もしかすると、何もしないでも、この様に治ったのかもしれない」
とも思えますし、
今の私のように、何も治療をせずに経過を観察して、結局顎が大きくなった場合では
「もしかすると、早くに手を打っておけば、この様にならなかったかもしれない」
とも思えます。
つまり成長の中で治療を行っていくわけなのですから、 どうしても「こうしてたら」「ああしてれば」
といった「たら、れば」的な曖昧な感覚が付きまとうわけです。
このような曖昧な要素がある事も理解した上で、それでも私は、
「早期に対応してあげて、よい成長方向に乗ってくれる可能性を高くしてあげたい」
と考えます。

実際、私の長男の2才、3才、の頃の写真と今の写真を見比べてください。
鼻の下の上顎のふくらみ具合、下あごのしゃくれ具合が全然違います。

2・3才

10才

現在

「何もしないでも、こうなったかもしれない」
「確かに今はいいけど、結局は成長期で顎が出てきて手術が必要になるのでは?」

このような意見が出ても、何の反論も出来ません。
しかし、私は歯科医師として、
「治療をしたからこそ、歯並びがきれいになったし、お顔の形もよくなった。
確かに成長期で顎が出てくる可能性はあるけれども、
早期に治療をすることによってその可能性は絶対に小さくなっている」

と確信しています。
そしてこの私の確信に対しても、 完全に反論する事が出来ないというのもまた一つの事実なのです。
そして、私は一人の父親としては、
「たとえ、今から顎が出てきたとしても、やっぱりやってて良かった。
完全に反対だった前歯の歯並びも治ったし、しゃくれ顔がかわいい顔になったから」

とホッとしています。

実際、私の長男以外でもにこにこ小児歯科では 多くの子供たちが早期に受け口の治療をしています。

歯並びがきれいになるのはもちろんの事、
「お顔の形がきれいになった、久しぶりに会ったお婆ちゃんが言ってくれました」
と喜びの声を聞くことも多いのです。

この様に私自身の父親としての実体験や、 患者さんの治療後の変化を見て早期に対応して、
良い成長方向に乗せてあげることの長所に大きな魅力を感じています。

なぜ、受け口になるか?

これは正しい舌の運動ができてないからです。
モノを飲み込む時は写真のように舌が上あごにしっかりと吸いつくことが理想です。
唾を飲むことを含めると、この動きを一日に2000回以上やります。
この舌の動きで上あごが前に横に成長していくのです。

この舌の動きの力が弱いと上あごが理想的に成長せず受け口になります。
舌(べろ)について私達は、ついその役割や力を過小評価してしまいます。
舌(べろ)は実は筋肉のかたまりで、お口の中でかなりの部分を占めています。
次の解剖の図を見ると、 その大きさがよく理解できると思います。

実際の治療

受け口の治療はとにかく上顎を大きく成長させて、広くなった上顎の中で正しく舌が運動できるようにすることです。
お口の成長を決める主役は舌(べろ)なのです。ご主人様は舌(べろ)で、お口はご主人様の家だと考えることができます。
つまり、家を大きく改築して、ご主人様に元気いっぱい動いてもらうということです。そのために以下のような治療を行います。
年齢、症状によって治療法の選択は様々です。

筋機能訓練

舌の動きをよくするために筋機能訓練を行います。
色々なメニューが用意されていて、正しい動き、筋力をつけることが目的です。
受け口の治療の基礎となります。
舌が正しく動かないと正しい成長は望めません。
ご主人様自身が元気にならないと、正しい家つくりはできないということです。
以下が筋機能訓練の一部のメニューです。

舌の裏のスジのストレッチ
舌の吸い上げの練習
指導用ツール

写真の症例は筋機能訓練のみで症状の改善が認められます。

日常生活習慣指導

お口の中の舌の位置は、姿勢に大きく左右されます。正しい姿勢での食事、座り方などをしっかり指導します。
また、食べ物の量、種類、によっても舌の動きは変わります。正しい食事の方法も指導します。
これも受け口治療の基礎となります。

悪い姿勢

良い姿勢

指導用ツール

ムーシールド

これは下に向かう舌(べろ)を上の方向に向かわせるための装置です。
舌(べろ)の下を装置が覆うので装着すると自然と舌(べろ)が上顎に向かうような構造になっています。
加えて上顎の歯や歯肉の前面を装置が覆っているので、外から上顎を押さえ込もうとする唇や口の周りの筋肉が、上顎に掛かるのを防いでくれます。
その結果上顎は前の方向に成長しやすくなるのです。
ネットでの評価は高い装置ですが、この装置で効果が出る症例はかなり限られています。

レジンキャップ

小学校入学前に装着し、乳歯の受け口治療に用いることが多いです。
奥歯にレジンキャップという装置を接着します。24時間取れません。お口の高さが高くなります。
家でいうと天上高が高くなるということです。反対に咬んでいる前歯の引っかかりがとれやすくなります。
広くなったお口の中で筋機能訓練を行うと、舌によって上顎が広がって受け口が改善します。
多くの症例に対応します。 効果が出やすい装置です。

ワイヤー

オーソドックスな装置です。
外に大きく広げるという特性の為に残念ながら金属性となります。

1期治療

前歯4本が永久歯、残りが乳歯の時期に始める治療です。だいたい2年生くらいで始めて
1年間位で装置がはずれるようなところまで治します。
その後は永久歯が生えそろうまで経過観察です。1期治療のみで矯正が終了することを目指します。

2期治療

全ての歯が永久歯になってからの治療です。
早くて中学一年生くらいから始め、3年間位で装置がはずれるのが通常です。

まとめ

受け口といっても、年齢や、症状、遺伝的な要素の有無、 呼吸の仕方や、舌の使い方、など
その症状や原因は子供たちのひとり一人で 全くと言っていいほど違います。

矯正でお母様たちが気になるのは、概ね以下の四点だと思います。
• 治療のスタート時期
• どのような装置を使うのか?
• 治療の終わりはいつになるのか?
• 費用はどのくらい掛かるのか?

しかし、これについては、おひとりおひとり、全く違うといっても差し支えありません。
特に「治療の終わりの時期」については、確実に予測するのはほとんど不可能ともいえます。
年齢が低い子の場合、治療が長期化することが予測される場合、転勤の有無なども、
治療計画を立てるときの重要なポイントになったりします。

ですから、
「しっかり現状を診断してもらった上で、 その子にとって一番良い方法を考えてもらって欲しい」
私は心からそう思います。

色々な情報を一つ一つ吟味して どの時期に、どの先生とお付き合いしていくかを決めていきましょう。